夜勤明け。
まっすぐ帰りたいですが
日曜日が雨なのでその分乗ろうかと
いう事で六甲山登りました。
ヨシ!がんばろう‼と思った矢先、
タイツのチャックが壊れました。
画像1

気分は萎え萎えです。

さて短い時間で効率のよい練習は何かと
いうとそれは山を走る事。
ただ斜面を登るだけで充分な負荷なので
そこにTT要素を加えるだけで立派な練習になります。
心拍85%以上で走るので
AT閾値の向上にもってこいですね。

職場から5分くらいのところに
再度山ドライブウェーという六甲山への
登り口があります。
スタートから17%超の斜度なんで
未だかつて気持ち良く登り始めるといった
気分は味わった事がありません。

そんな激坂をスタートし、再度公園バス停までの5.7kmをじっくり我慢しながら走りました。トップシーズンなら19分切るところを23分弱で。
画像1


次がメインの五辻〜T字ケ辻までの8.8km。
時折8%ほどの勾配があるも平均斜度は
3.9%とトレーニングに最適なコース。
ここを緩すぎず、後半タレない強度を
維持し続けて走ります。
トップシーズンで22分弱ぐらい。
自転車レースはだいたい10分ぐらいすると堪え難いしんどさがやってくるのですが、ここを先ほどの負荷で走る練習を積む事で20分我慢できる脚が作られます。
画像1

冬場にも関わらず、いいタイムで走りました。
ここまで一時間もかかっていませんが
集中力が切れない時間内で強度の高い
練習ができました。
あとは下って箕面へ帰るだけ。
純粋な通勤時間とあわせても2時間。
効率良く、脚も心も満たしたうえに
嫁にも小言を言われない、
とても良い練習コースです。