40代の自転車競技

44歳。おやじ。事故死を免れ、再び輪界への挑戦。

2016年12月

大晦日。

年末入ると忙しくて、思った以上に走れなかった。
今月は1500kmを目標としていたが、おおいに狂ってしまった。
来年からはレースで良い走りが出来るよう
基礎的な能力を鍛え上げるために走行量を上げていきたいね。
SnapCrab_NoName_2016-12-31_22-2-59_No-00
ではまた。

今月の練習 865km

息子とファンライド【湯原温泉ライド1と2】

22~24日の2泊3日で家族と岡山県の湯原温泉に行って来た。
残念ながらあまり観光ポイントとなる所はない。
ココにした理由は時期的にココしか空いてなかったから。
内容を充実させるため、家から自転車を持ち出した。
息子達と現地を走るために。

3台位持って行きたかったが、残念ながらルーフキャリアは
2台分しかないので息子達は日程を分けて乗ってもらう。

コース的には湯原温泉をスタートし、蒜山高原を目指す。
1日目は長男坊。
朝5時に起きて、6時からスタート。ホントに温泉旅行なのか・・・?
湯原温泉ライド1
そして、いきなり坂道スタート。早朝から厳しい始まりですな。

コースである国道は車は当然少なく、道は広くて走りやすい。
しかし街灯がないので暗い。
途中のトンネルは1.5kmあり、息子はあまりの長さに驚いていた。
そんな長いトンネルを自転車で走る事なんでないからね。
行程は登りが多かったので速度が少し遅くなる。
旅館の朝食時間を念頭においていたので、高原に登る前にUターンする事にした。
往復で30km。
長男坊、よくやった。

2日目は次男坊。ここは昼からスタート。
同じく蒜山高原を目指すが、湯原ダム周回路を回っていく事にする。
湯原温泉ライド2
湯原ダムは中国地方最大の貯水量を誇るダム。
見るからにスゴいダムなんだろうと思いきや、なんてことはなかった。
次男坊は久々だったのか、ダムに到着するなり兄貴に交代を求めた。
DSC06837
その後、再び長男坊と走ることになる。
昨日の疲れがあるのかなと思いきや、勢いよく走る。
1482757016550 (2)
いいカッコして、最初だけかと思いきやヘタる事なく走り続ける。
アップダウン、濡れた路面、落ち葉の多い道。
大けがした自分は若干ビビりはあるものの、長男坊はリズミカルに乗りこなし
逆に先に行ってしまう時も・・・。
自分自身、心理的なものも鍛えなくてはならないね。
1482757024379 (2)
ダムの周回路を越えた後は天狗山越えをする。
山間部に入るとにわか雨があったりする。
この時期の雨は辛いものがある。
DSC06845
しかしながら長男坊は苦にしない。
雨を苦にするのはおっさんになった自分だけなのか・・・。
この後、短いながらも少々厳しい登りをクリアしてトンネルに到着。
DSC06844
走り込んだことにより、暑くなってきたようだ。
この後、自分と同じように半袖マンになろうとしてたが、
「下りに入るから舐めたらイカンよ。」と指導。
防備した格好で下らせる。
DSC06848
下ると天候は完全な雨天に。
下りで身体も冷えて、そろそろリタイアするかと思ったがそんな気はないようだ。
1482757034697 (2)
家族の応援団はホカホカの車内。
娘が車内からいくつか良い写真を撮ってくれていた。
有難いことだ。
DSC06851
走行距離は30km。
まもなくゴールだという事で気持ちに勢いをつけてやる。
ママの運転する車を追いかけるような走り。
ツールのサポートカーに着いていくような・・・。
最後は高原に向けての登りだけであったが
バテやヘタりもない立派な走りだった。
ライドタイムは途中のセブンイレブンでの休憩などを含めて2時間。
実際の走行時間は1時間20分。
タイム的にも立派なものかもしれない。
一度大転倒した長男坊ではあるが、今後も懲りずに楽しんでもらいたい。
次男坊、もっと踏ん張れっ。

家族旅行でありながら、妻も子供も楽しめた旅行だった。
次はサイクル仲間のN前氏のように宿泊地まで親子共々自走で行かなくては!

おしまい。

ソロ練【勝尾寺1、2~さつき山北】

当務明け。
居残りせずに帰宅。
そのまま、いつも通り長or中距離に出ようと思ったが
通勤使用のナップサックの荷物が重すぎて一旦荷物置くために自宅に帰る。
家に入り、荷物置きのついでに昼食がわりのパンを2つ食べてみた。
その後、迂闊にも夕方まで寝入ってしまった・・・。

帰宅で20km走ってるし、今日は休息として明日(公休日)走り込めばいいかぁ・・・と
甘えた考えをしていると、仕事から帰宅した妻が「明日雨やでぇ・・・」という。
明日の分を走っておかなくてはと思い、暗くなった時間からイソイソと出発。

今日は脚の疲労も8割復活した感じなので、
明日の分を含めて筋疲労大き目の内容にしようと決めた。
まずは勝尾寺。
TTスタート地点まで10分程度なので、アップを兼ねたいところだが
1本目から少々キツめの走りで踏込みを意識し筋肉をフル活用ながら走る。
とは言いつつタイムは13分39秒。
重たいギア使いすぎ。
2本目。いいタイムを目指す。
12分44秒。
脚も心臓も刺激されてきたので、もう1本目行くといいタイムが狙えるかも。
結局、行かず・・・。

そのまま高山を経由し、423号線へ。
池田方向へ下り、止々呂美からのさつき山北TTに。
今度はスタートからインナー使用で登る。
タイムは15分27秒。
インナーギアでのスタートながら良さげなタイムが出るなんて
自分のポリシーに反するが、ヒルクライムにはコンパクト設定がいいのかと
迷いが出てくる。
街灯もない真っ暗な登りで、自分のギアを確認ぜずに走ってると
それなりに重めを踏んでいるかと思いきや、23Tを多用していた。
実際に効率良く登り続けるためには、自分の思いを馳せるより負担の少ないギアを
使用していくのがいいのかもしれない。
脚力が強化されるまで、こんな迷いが出続けるんだろうなぁ。
KIMG0109 (2)
明日の分を含めてと思いながらも今日はこんだけ・・・。
20km+47km

おしまい。

ソロ練【難波~余野~高山】

今日も職場からの帰宅時を利用した練習。
しかし脚が回せない。
新シューズのクリート先寄りセッティングから来る乳酸溜まりなのか、
協力会社へ善意の肉体労働提供から来るものなのか、
信号待ちからのスタート、向かい風の中の淀川越え、そして工事現場の急ぎ抜け。
力強いペダリングができない。
もちろんダンシングしてもスピードのせる事ができない。
非常に脚カンカン。
もしかすると数日前の140kmランの疲労が来てるのか・・・。
おっさんになると、疲れが遅れて出てくる。
さらに一昨日以前の事になると記憶すらも怪しいので原因を思い出すのも難しい。
老化のひとつだろうか。
若いときのように疲れを溜めながらも、ドンドン乗り続け、ドンドン負荷を上げて・・・は無理。
寝る度に疲れが抜けるなんてあり得なくなっている。
泊り勤務が日常である仕事も、この歳になると少々負担が大きくなってくる。
本当に練習方法を考えなくてはならない。
競技者である気持ちを先行させ、ガンガン乗りまくるのは無謀の年代となってるんだろうね。
KIMG0100 (2)
いつもの池田市伏尾から余野までの10kmTT。
タイムは27分02秒でこれまでで一番遅いタイム。
これなどせずに帰ろうかと思ってたほど、脚痛いし、身体全体がしんどい。
スポーツしてると自身の老化をシビアに感じることができますなぁ。
どうやって乗り越えようか。

おしまい。



ソロ練【勝尾寺~423~さつき山北】

昨日は雨だったので通勤は久々に電車。
当然ながら帰りも電車。
帰ってから自宅スタートで100km目指して走ろうと思っていたが
昼前に帰り着いたが、仕事疲れで寝てしまった。
目が覚めたら15時過ぎ。
そのまま眠り続けたかったが、自分的に「何もしない非番日」という残念な日となるので
睡眠欲と戦って出発。
時間が時間なので近場を回るだけだが・・・。

あとドグマのステムを替えたので乗り心地を試したかった。
購入したステムは70度のDEDAステム。
当然、ハンドルは下がり設定になってしまうが、
乗りやすいアカマツ号とドグマのヘッドチューブ差は1cmあり、
そのステムでハンドルを下がり設定にすればアカマツ号と同じセッティングになる。
DSC06810
下がったセッティングはレースでの短距離には最適だが
オフシーズンの長距離乗りにどうでるか。
ひとまず今日は登りで乗り心地を試したところ、
当然の事ながら、ハンドルの牽き、力のかけ具合も良かった。
勝尾寺はアップがてらだったので良いタイムは出ていないが、
身体が温もったところで、止々呂美からスタートのさつき山北は
15分台で登ることが出来た。
特にポジション的にキツイものがなかったので
最適な気もする(いくつもの登りを試さないと・・・)。
あとは、このポジションでオフシーズンの長距離練が何度もできるのか?
そこだけ。
さて今日は40kmだけだったが、少しだけ練習できてよかったよかった。

おしまい。

ギャラリー
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日もロングのソロ練【難波~猪名川~茨木街道】
  • 今日もロングのソロ練【難波~猪名川~茨木街道】
  • 今日もロングのソロ練【難波~猪名川~茨木街道】
  • 病み上がりのソロ練【難波~猪名川~広野~茨木街道】