40代の自転車競技

44歳。おやじ。事故死を免れ、再び輪界への挑戦。

2016年02月

回復練【箕面朝練~日吉ダム】グループ練で。

2月最後の日曜日。
回復練なるものを3か月。
誰かとの競り合いはまだまだ無理だが普通に走るようになった。
もちろん長距離走るスタミナや心肺機能を上げなくては
ならないが、今後は普通練としてやっていこう。
特に中身が変わるわけでもないが・・・。

回復練最後のグループ走。
多々遅れ気味であるが、なんとか付いていった。
まぁ前日の土曜日にがっつり練習してきた面々であるので
少々お疲れ気味、なので僕には丁度よかったのかも知れない。

箕面の朝練終了後は堀越峠を越え、477号で湯の花を経由し、
園部、船岡、日吉ダムを目指す。
KIMG1179 (2)
今日は元プロクラスのN氏、師範、E氏の4人で。
緩やかにLSDを、と考えていたがペースが速い。
グループ走ならこのレベルなのか。
1人走りが多すぎて、感覚も忘れがちなのかも知れない。

園部でE氏は離脱。
日吉ダムからは、また少し走行レベルが上がる。
KIMG1180 (2)
日吉ダムを越えてから神吉の村までへ至る2.5kmの登りはかなりきつかった。
1人ではノロノロ登っているはずだが
N氏のがっつりした登りについていこうと踏ん張った。
遅れながらも諦めることなくついていく事ができた。
以前はそれすら不可能だったが、少しづつ身体が向上してきたのかも知れない。
ただ今日は皆さんお疲れ気味である事を忘れてはいけない・・・。

それにしても今日は暖かく快適だった。
KIMG1181 (2)
春を感じる日であり、これからこういう時期なんだなと思っていたが
また強い冬型の気圧配置がやってくる事を自宅で知った

さて、亀岡市の街中につき、少しだけ捕食をさせてもらう。
どのルートで戻るかを検討したところ423号線で南下する事に決定。
各自必要箇所で解散ということに。
それまでに僕自身がマイ記録している法貴峠がある。
平均4.5%の約3.7kmコース。
退院してからの記録は10分40秒、10分4秒である。
今日は日吉ダム経由で十分脚を使ってしまった感があるが
最後にもう頑張りしてみた。
N氏や師範は「しっかりがんばってや。」と見送ってくれた。
その後、自分的に「見送ってくれた彼らに追いつかれたらイカンねぇ」と考え、
さらに今日盗み見したN氏の強い走り方を真似てみた。
すると、ここまで十分脚を使ってきたにも関わらず、
9分14秒という良いタイムが出た。
そしていい気分のまま余野まで走り、そこでみんなと解散。

やはりグループ走で今持ってる自分の限界を超えようとする走りは
必要であるなぁ
と強く感じながら、のろのろと高山を登って帰った

本日116km 今週 走行3日間 260km

回復練【LSD +るり渓TT】

公休日。
とは言っても事故でなった難聴に伴う検査で朝から病院に。
帰って来てからゆっくり寝ときたいがLSDに出掛けた。
ほんとにスタミナを要す走行力を付けないと、内容の濃い練習が出来ない。
まだまだ濃い練習なんて出来ないけど。
シーズンインも近づいてきてるからノンビリしている間もない。
どうしたもんだか。

今日は上福井をスタートし、泉原、清坂峠を越え、亀岡市に入る。
湯の花温泉を通り、372号線で西へ向かう。
そして南矢田からるり渓方面へ。
るり渓はタイムトライアル。
KIMG1171 (2)
矢田交差点をスタートし、山頂のるり渓温泉前までがTTコース。
距離は6.4kmで最大斜度は15%で、平均斜度は5.2%。
一部はキツイが平均斜度は緩めと思われるが
そんないい感じではなく、正直ずっと厳しい。
過去のベストは19分19秒。
今は21分台を大きな目標にと考えていたが
実際は19分46秒と良さげなタイムが出た。
気を良くしながら走りたかったが、気管が思いっきり冷えたのか
咳やしゃっくりが止まらなくなった。
タイムトライアル中も苦しかったが、走った後も40分間苦しかった。

TT後は能勢の広野を曲がり、逢坂峠を越え、野間峠へ。
本心的には大嫌いな野間を避け、一庫ダム方向へ逃げたかったが、
脚に疲れが出てきてるので出来るだけショートカットへ。
本当にショートカットの意味があるのかと感じるくらい野間は厳しかった。
そして再び高山登り。
高山ぐらいはふんばってTTを!と思いきや、
もはや止まりそうなスピードだった。

登りも多めなコースでLSDを充実させたかったが、やはり脚がもろい。
まだまだ基礎的な能力を築いていかなくてはなりませんな。

今日のLSD 100km


ペダル変えた。10年ぶりか・・・。

ペダルを変えてみた。
PD-7800からPD-9000に。
7800はノンスリップのカバーが擦り切れて、
固定感が若干低いものの特に問題としては感じなかった。
自分自身、ポジショニングなどにシビアな感じはするが、
意外と適当な脚の裏で走ってるのかもしれない・・・。
KIMG1129 (2)
そして脚が弱くなっている今、9000のようにペダルの踏み面が広くなると
力の伝達力が良くなって、いい感じになるかなと。
浅はかながらも夢と希望を込めて購入。
ただし中古品・・・。
KIMG1130 (2)
現在、ペダル以外のクリート位置に違和感を感じていたが
9000はクリートの可動域が大きく、その時に応じて
好いた膝の開きに変える事が出来る。

効果出そうなペダルでいいタイム出るか。
少々荒れたさつき山北。
KIMG1135 (2)
16分33秒・・・・。
ベストタイムより2分も遅い・・・。

さて、公休日の明日もぼちぼち走っておくか。

回復練【西田橋~妙見山~高山】

朝練の日だったが、雨だったので休んだ。
2度寝して9時に起きた時、晴れていた。
路面が濡れていたので辞めていたのだが
11時には乾いた感いっぱいだったので1人練に出る。
昼から用事があったため、コース短く、ヒルクライムコースに。

アップは完全じゃなかったが西田橋から勝尾寺までのTT。
しんどいながらも頑張ったつもりだったが、ガーミンのボタン操作間違えていた・・・。
練習終了時に押すボタンを押していて、タイムを始めデータは何も残っていない。
記憶能力、困ったものですなぁ・・・。

続いて西田橋から妙見山の6.85km。
脚使い切らないようインナーでスタート。
遅すぎ・・・。
無理しながらもアウターでグングン行かないと
甘味覚えて。途中もインナー全開気味。
第1頂上は13分20秒。
妙見山までは21分27秒。
ベスト域である18分台までは遠すぎる。
ヒルクライム自体もしんどすぎる。
KIMG1108 (2)
ざっと下ってから高山のTT。
しかし風が恐ろしくキツく、場所によっては全く進まないくらいに。
結局、TTは途中で止めてノコノコ登る。
今日はこれだけだった。
しかし風は強くとも暖かい日だった。

今週 走行3日間 138km

回復練【夜の多留見峠~4中前の坂5本】

祭日だけど、お仕事だった。
帰ってきてから夜練に。

いつものように平凡な内容なので書くまいと思ったが
いつもと違うところと、別の内容を実施したので書いておきます。

いつもの定番、池田の伏尾交差点から豊能町役場まで24分5秒。
LSDの予定だが、定番TTコースなので頑張ってしまう。
そのわりにはあんまり良くないタイム。

豊能町役場から上音羽までの2.6kmTT。
頑張ってみるが、希望ヶ丘への出入り口2か所でタレタレ。
6分54秒でいつもどおり。

そしていつものようにフワフワを下って、彩都横切って帰ろうと思ったが
多留見峠を登っていこうと。
KIMG1085 (2)
クライム脚を鍛えるコースかなと思ったがそんなコースではなかった。
逆コースならいいのかもしれない。
とにかく真っ暗すぎて何も見えなかった。

道は落ちた杉々で満載。
下手すると転ぶかも。
Effectplus_20160211_234012 (2)
そしてうっかりしてると川に落ちそうになる。
Effectplus_20160211_234038 (2)
当然のことながらガードレールなんて無い。
今日は下り坂コースとなったので危険がいっぱい。
夜は走るもんではない道ですな。

なんとなく曖昧な気分で練習も終えそうになったので
急遽、帰り道の途中である箕面第4中前の坂を
登り切ったところのサントリートレーニング体育館まで
繰り返しもがいてみた。
計5本。
距離は250m。勾配は6.2%でそこそこの登り坂かも。

今日はお試しなので写真はないけど・・・。
先日テレビで見た静岡にある競輪学校選手のドキュメントのように
登坂訓練をやってみようかと思ったにすぎない。
本場らしく重たいギアでと思ったが
52×19でもがき続けるのが精一杯だった。
4本目、5本目は引き足も痺れて回す事すら厳しかった。
クリート位置の左右がアンバランス感いっぱいだった。
位置が悪いのか、踏み込むバランスが乱れているのか・・・・。

ちなみにこれは登坂力を鍛えるのではなく、スプリント力を鍛えるもの。
今の僕がすることではないのかもしれない。

ギャラリー
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日もロングのソロ練【難波~猪名川~茨木街道】
  • 今日もロングのソロ練【難波~猪名川~茨木街道】
  • 今日もロングのソロ練【難波~猪名川~茨木街道】
  • 病み上がりのソロ練【難波~猪名川~広野~茨木街道】