40代の自転車競技

44歳。おやじ。事故死を免れ、再び輪界への挑戦。

2015年06月

今日の練習【三田廻り72km】

非番日。
広島まであと1週間。
そして最後の日曜日。
がっつり行っておかなくては!

前回ヨレヨレだったので
今回は後半頑張るために有馬街道は抑え目でいく。
中間地点は12分34秒、頂上まで17分04秒。
アップとしては良いか。

しかし天気が目まぐるしく変わる。
それも1駅ごとに・・・。
三宮は晴れ、小部峠は小雨、箕谷は曇り、谷上は雨、有馬口は曇り・・・。
正直、三田から176号線で帰りたくなった。
でも今日、今頑張らねばと。

そして三田の街中を抜け、城山公園前の長い坂をアウターでゴリゴリと。
最後頂上に向けてもがこうと立ち上がって踏み込んだ時、
バス―――ン。
フロントディレイラー壊れてチェーン外れた。
いきなり脚抜けたから登りだけど前転しそうになった・・・。
KIMG0221

なんかFDの端っこがすっ飛んでるんだけど・・・。
KIMG0222 (2)

本当はこのあと羽束川渓谷、西峠、変電所などフルコースを
行く予定であったが、ヘタレという名の大人の判断をした。
漢ならアウター縛りでフルコースってのも有だが
なんか想像以上にメンタル的なダメージがデカかった。
そんなにインナーを入れるところもないのに
ただ「使えない」という事がこれほどダメージを与えるのかって。

そしてヘタレ街道をすごすごと走って帰った。

さて、困ったことに広島1週間前にこの故障。どうしたものか。
買えば済む話なのだが、広島終わったらコンポを
シマノに入れ替えようと考えていた。
ここでカンパのFDを買う事は大きな痛手となる。

致し方ないので手持ち(僕のじゃないけど永久使用可)の
10速アルテグラを以前使ってたアカマツ号にインストールしようと
押入れから出してきた。
KIMG0226
いかん、FDバンド式だわ・・・。
しかもクランク170mmのうえ、チェーンリング53Tだわ・・・。
1週間前にクランク長と歯数アップはちょっと怖いね。
歯数増えた分はクランク長伸びる事で相殺されるが
筋肉への負担が半端ないと思う・・・。

さてどうしたものか・・・。

走行距離 72km

今日の練習【三田廻り100km】

非番日。
引き継いでサクッと帰ろうと思ったら
採用人事の話を本格的に進めなさいと
本部から…。
あちこちのポリテクに電話したり、人選してたら、もう昼やん。
一応、面接日だけ設定して半ば逃げるように退社した。

遅くなって気持ちも萎え気味だが、三田を回ってフルコースで帰ろうと考えた。
久々の有馬街道小部峠。
トンネル抜けたところの中間ピークは12分22秒の平凡なタイムだったが、最頂上は16分34秒と今シーズン最高記録が出た。もしかしたら過去最高でもあるかも知れない。
タイム的には良かったが、心拍がいまいちである。暑いからか、疲れているからか。
去年も広島前の一週間前か二週間前に凄いコンディションの最好調がやってきて、本番はずしてしまった感あったので、この時期は少し慎重にコンディションニングしなければならない。

その後、志手原から後川のガススタまで7~8割くらいで走る。西峠を超えて、変電所の登り切ったところで気持ちが切れた。
しんどいのもあるが、暑くてならん。

いつも一気にかけ上がる名月峠も今日はチンタラ登る。
野間峠へ向かう道程もショートカットする始末。
image

ダートではあるがグルッと回るより楽。

野間峠入口に着いたが、登れる気がしなかったので477号線で箕面森町経由で帰ることに。
ところがこの道のアップダウンがかなり脚に来た。あやうく脚つくところだった。

423号線に出てからはサイクリング。
池田から箕面につくまで2回も休憩する始末。

暑かった事が原因だと思うが、最近ヒルクライムの調子が良いだけに、暑さごときに100キロもしっかり走れなかった事はかなりショックである。

出来れば勘違いしたまま広島に乗り込みたかった…。

走行距離 102km



今日の練習【夏至を利用して・・・】

日勤。
最近コンディションが良く、今日も10分ぐらい早く勤務先に到着。
機械室を開けたら、分電盤の横で同僚M川氏がゲンナリとしていた。
「バテました・・・」
おやおや、爽やかな朝のひとときに穏やかではない言葉ですな。

事情を聞いてみた。
朝から通勤で100km走ってくるのはいつもの事。
ただ今回はクランクを2.5mm長くしたものを使っている。
彼はある部品の破損を機会にカンパからシマノに乗り換えた。
乗り換えの際にクランク長を165mmから167.5に変えた。
これまでの効率重視から出力重視寄りに振った形である。

ある数式で算出すると170mmから165mmに変えると
回転力が上がる半面、出力が3%減になる事が分かる。
これは僕も実践している事だが、出力を抑えることで
後半の勝負所まで力を残せる事が可能である。
ただし出力落とした分、高回転力で走れないと意味がない。
最近の実業団レースは距離が短いので
出力本位で長いクランクをセレクトする事はおおいに有と考えるが、
僕自身、勢いで踏み切れるほど若いわけではないので
出力本位がいいのか、効率本位がいいのか、
どちらが正しいのかは今のところ答えを出せないでいる。

少し脱線したが、
M川氏曰く、100km走る平均時速が3km/hほど上がったと。
3時間走ればこれまでと比べて10kmほどアドバンテージが出来る。
つまり誰もが時間に追われる朝のひとときにおいて、15分ほどの余裕が出来る。
この朝の15分というのはサラリーマンであれば、誰もが羨ましがるものである。
誰が言ったか「時間というのは作るもの」、これを実践できる彼は素晴らしいと思う。
しかしながら、作り出した貴重な15分を空調機が唸る薄暗い機械室で
回復の時間に充てていた事はここだけの話である。
活きた15分に変わるのはしばらく先の話であろう。

わずか2.5mmの延長ではあるが
出力と引き換えに、かなり体力の消耗が伴う事が判明した事例である。
ファンライダーではそこまで顕著に相対効果を表す事は出来ないが
自己の能力を限界まで追い込む実業団レーサーだからこそ、
判明する事実である。
これは今後、クランク長を考察するうえで貴重な内容となるであろうし、
この後も彼にR&Dしてもらう事で、
僕のクランク選別の人柱となってもらう事にしよう。

で、今日の練習は
日勤で夕方帰る予定で前照灯とテールランプは必須だったのだが
自宅の下駄箱の上に置いたまま持ってくるのを忘れた。
しかし夏至で日暮れが遅いという事で
無謀にも六甲山を登って帰った。
最近、ヒルクライムの調子が良いので
それはどこを走っても同じ事かどうかを試してみたいという事もあった。
結果、再度山 18分34秒。
KIMG0199
過去のベストを塗り替えた形である。

その後、森林公園五辻から丁字ヶ辻までのTT。
結果22分23秒。
KIMG0200
まぁベストには1分ほど及ばないが、ここ最近いちばんいいタイムである。
重たいナップザックを背負ってなければもう少し稼げたか・・・。
めいいっぱい追い込みたいところではあるが
この調子を広島まで維持し続けたい気持ちもあるので難しいところでもある。

走行距離 33km + 55km

今日の練習【人肌恋しくて・・・】

内容は土曜日の事。

ライングループでは土曜のチーム練で事で沸いていた。
僕は非番日なので参加できない。
誰かと走ったのはツールド熊野が最後。

練習は基本ひとりで行っているが、
土日のいずれかは箕面朝練に参加させてもらい、
練習の成果を見るため、もしくは一つ上の負荷を掛けに行く。

今月は仕事の都合で行けてない。
シーズン真っ只中でもありながら、誰とも脚合わせをしていない事は
比較対象が自分しかない故、
ソロ練の内容に対して自己満足に陥ってる可能性がある。

最近、登りの調子がいい。
妙見、勝尾寺、すこぶる良いタイムを出している。
これはこれまでの乗り方を少し変えてみた事にある。
詳細は割愛するが、この結果だけに目を向けていると
調子も上がってきてるような、非常に良い状態であると考えられる。
しかしあくまで、自分のペースで登ってるっだけの話であって
誰かのアタックに乗るとか、誰かをふるい落すためにペースを
上げる等のような事をしたわけではない。

レースで生き残るためには何度か訪れる「ココぞっ!」というところで
力を発揮できるか、というところにある。
僕が基本やってる練習はどちらかというと、勝つための練習ではなく、
生き残るための練習である。
その練習を成果に結びつけるにはやはり誰かと走ることで、
ソロでは出しきれない頑張りを何回も出すことに尽きる。

なので、マイペースで走っていいタイムを出していても
目標がヒルクライムでない限り、自己満足になってしまう。

今回の土曜日はチームがいつになく練習話に沸いてたので
なんとか混じりたかった。
幸い?言いだしっぺのキャプテンが寝坊したので
もしかしたら混じれるかも?と三宮から豊能町まで大急ぎで駆けつけたが
残念ながら練習終了後のお茶タイムで合流する事になった。
KIMG0160 (2)
お茶タイムではヘルメットやらコーディネートなどのお洒落話で沸いた。
当の本人はお洒落とは果てしなく縁がないけど(笑)。
久々の自転車仲間との話は楽しい。

自分の思うところとは全く関与する内容ではなかったが
雑談に参加させてもらうだけでもテンションが上がった。
ストイックに練習もいいが、こうして駄弁って
気持ちを上げていく事も大切なことだと思う。

しかし広島までに1度くらいは誰かと競う走りをしておかないと・・・・。

走行距離 58km


今日の練習【52km+激励の勝尾寺】

非番日。
朝の巡視時には雨がザァーザァー降っていたものの、勤務交代時の9時には上がっていた。
雨雲レーダーで確認したところ、山沿い、さしずめ三田方面は芳しくなかったが、平野部はちょうど雨雲の切れ目にあたっていた。
この雨雲の切れ目を縫って走れば、少し練習できるではないかとチャンスと捉えて、帰宅ライドに。

追ってくる雨雲から逃げるように43号線を西に全力で走る。
チャンスとは言ったものの、風が半端なく吹きき荒れ、正直挫折したい想いに駈られながら、なにわサイクリングロードに。

そのなにわCR 、心拍165超えていても速度は30km/h強。
挫折したい気持ちはMAXに。
されどFB に「チャンスだ」と書いた手前、退くに退けず…。
今日はここだけ頑張ろうと気持ち入れ直して走る。
エキサイトな向かい風に立ち向かうべくこと10数分。
ゴール近くはいつも追い込み過ぎて腹痛MAX。


因果な事にゴール地点の対岸は正露丸で有名な大幸薬品の工場。
そんな事はなんの役にもたたないけど。

キツかったけど、「やって良かった」と少しの満足感にみたされ帰宅。
スゴスゴと家に引きこもろうと、玄関に座ってスマホの確認。
アップしたFBに関係者から激励の書き込み。
風ごときに敗北宣言しようとした自分に喝を打って、勝尾寺TT に繰り出す。

登り始めに身体の軽さに気づいた。
しかし、特に気にすることもなく、タイムトライアルに専念し、勝尾寺まで登る。
帰ってガーミンをアップロードしてビビる。
なんと過去最高の11分12秒を記録。
webサイトの関西ヒルクライムTTでも1位にランキング。
最初に感じた身体の軽さを確かめるべく体重計にも載ってみた。
なんと64kgを切りそうである!
少し前は「70kg云々…。」と言ってた僕が。

まぁ限られた範囲でのランキングなんで、手放しで喜ぶのもどうかと思うが、自己記録を大きく更新した事と体重減が及ぼす想像以上の効果に驚きと新たなるヤル気がみなぎってきた事は言うまでもない。

これを機に僕の「やっつけるリスト」に記載されてる選手に追い討ちを掛けるべく強化を図る事はここだけの話である。

走行距離 68km
ギャラリー
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日もロングのソロ練【難波~猪名川~茨木街道】
  • 今日もロングのソロ練【難波~猪名川~茨木街道】
  • 今日もロングのソロ練【難波~猪名川~茨木街道】
  • 病み上がりのソロ練【難波~猪名川~広野~茨木街道】