40代の自転車競技

44歳。おやじ。事故死を免れ、再び輪界への挑戦。

2014年06月

今日の練習【高見牛ランチを食べに】

例のごとく、昨日の練習…
もう「今日の練習」という題名を変えなさいって話ですが、そうしちゃうと「一昨日の練習」とか「一昨々日の練習」というが出てきます。間違いなく…。
旬が売りのブログがスーパーの「おつとめ品」みたいにワゴンに転がるような事は避けようという自分への仕切りです。

さて、昨日は以前チームキャプテンが企画した高見牛ランチツアーに行き損なったので一度食べておきたいと思って、高見牧場のある兵庫県丹波市市島を目指しました。
2014-06-13-21-50-59

たまたま同僚のM川氏が仕事明けだったので、途中で合流して現地へ向かおうという事になりました。

兵庫高見牧場は但馬系黒毛和牛を肥育し、和牛品評会で日本一に輝く神戸高見牛のふるさとです。その厳密に管理し、品質にブレの少ない最高級牛肉を直売しているのが高見牧場直売所・安食の郷です。
サイコロステーキ定食1000円、牧場定食1500円、焼肉定食なら680円です。
練習の目的地に設定すれば往復180km。
昼ごはんのメニューと相まってスタミナ強化の練習にはちょうど宜しい。

そして、待っていた現実は
2014-06-13-13-11-38

コンビニ〜〜ンT^T

福知山市三和町のコンビニなのですが、
箕面からココまで80数km、ずっと向い風。踏んで踏んで時速30km/h、下りでも35km/h。
これは予想外でした。
逆に神戸三宮からスタートしたM川氏は
追い風にのり、いい意味での予想外で、かなり早く現地に着きそうでした。

泣き入れて、M川氏にアシストを要請しました。そして篠山から鼓峠を越えて、三和町のローソンで待機してもらいました。
合流してから高見牧場まで行けるか相談しましたが、行って食べてココに戻ってくるだけでかなり時間を取りそうだったので残念ですがココのローソンで食事して折り返す事にしました。

折り返しルートは菟原から草山温泉を抜け、藤坂峠を越えて、綾部街道に出ます。
2014-06-13-14-05-11

9号線と違って交通量が皆無に近く、ストレスなく走れますが多くのアップダウンとダラダラ登る藤坂峠が脚に応えました。綾部街道から372号に出てからはひたすら亀岡目指して走りました。
もちろんM川氏に引いてもらいながら。
京都学園前からの茨木街道に入った瞬間からM川氏はスピードアップ。したのか、僕がタレたのか徐々に差が開いて言うてる間に見えなくなりました。

M川氏は仕事前の一仕事、100km練の効果が出てるようで、100km越えてからの勝負ができます。
昔は僕もそのようなトレーニングを積んでいましたが今は60〜70kmが練習のベースとなっているので、7、80km越えると途端にタレ始めます。
自転車は乗ってなんぼの世界です。
最近のレースは昔のように長い距離を走るわけではないので要領かませば、そこそこ良い成績は残せますが、レースメイクに参加する、周りを観察しながらレース展開するとなると大きなキャパが必要となります。
そのキャパを広げるのは日頃の積み重ねであるのは言うまでありません。
そして高いポテンシャルはその広げたキャパの上にあるものだと言う事も。

さて、しっかり乗り込んで、どんな状況でも高見牛ランチを食べに行けるようにしなくては!



今日の練習【野間野間野間】

お昼。
うっかり昼寝してしまい、目が覚めたら14時半。急いで練習に出る。
とりあえず亀岡まで行って、あとは走りながら考えよう。
ほんとは綾部まで行って、綾部街道で戻ってこようと思ってたんですがね。
2014-06-12-19-12-39

まずは勝尾寺TTを1本やって、箕面朝練コースに。高山を下って423号線で亀岡に。と思いましたが、チームのワットモンスターが広島対策のコースとして策定したルートを1度走ってみようと、野間峠方面へ。

策定コースはトンネル手前で妙見山方面に曲がらなければならないのですが、思った以上に勾配がキツかったので、もうスルーしてトンネルくぐっちゃいました(^^;;
2014-06-12-15-40-10

野間峠を下ったら…
大雨です。
下る前に降ってくれよ…T^T
濡れついでなんで、野間中で折り返して、野間峠TTを。
意外にも11分切りそうなタイムで好調であるのが伺える。
雨雲が妙見を越えるまでに…と思って423号線まで下ると、ワットモンスターに遭遇。
その仮想広島コースを走るとの事。
追わない手はない!
2014-06-12-16-02-17

むむっ‼︎置いてけぼりにされましたよ。
こちらはダンシング…いや、立ってハンドルこねくり回してるだけやな…、ワットモンスターはシッティングでクルクル回して登っていきました。

ま、まぁ…今度、1人で走る時の仮想ライバルとしてのイメージをインプット出来たんで。

僕が峠で練習する時は必ず仮想ライバルがいます。時間だけを相手にしてると伸び悩む時が必ず来るので、そんな時は今日のように千切られた相手をイメージし、自信を追い込むようにします。
なので、その峠では一生、僕の見えないライバルとして出演する事になります。
ちなみに野間峠西側をTTする時はチームキャプテンの泥酔モンスターが必ず見えないライバルとして前を走ってます。
六甲は同じくチームのM川氏で、堀越峠にはK玉氏、瑠璃渓にはシルベストのH田氏がいるなぁ。
皆さん、居らん時にもお世話になってますm(_ _)m

ワットモンスターと想定広島コースを1周だけ一緒させてもらい、単独で登々呂美の林道へ。
関西ヒルクライムTTのサイトでは五月山北コースとなってます。
車が通れなくなってるので、路面に苔が生えてたり、少し廃道の気配がしてます。距離は短いのですが要所要所にキツイ所が出てきて、走りごたえがあります。普段は「もう少し負荷を…」と思う時だけしか走りません。
今日は14分台となかなかのタイムで登板できました。

あとは箕面朝練コースを流して帰るだけ。
いいタイムも出たので気良くしてたら、
下りのヘアピンで転んでしまいました。
2014-06-12-17-01-09

雨が降り出してきたので、急いでたのが原因です。
晴れの日と同じ下り方、攻め方をしてました。うっかりしてました。
2014-06-12-17-16-54

気良くしてたのに、一気にダークな気分ですT^T
しかも3回しか着てないマリアローザに穴まであいて…。
2014-06-12-17-19-46

それも乳首の所が…

まぁ、車にはねられたりしなかっただけでも幸いとします。
こういった小さな事故を繰り返すことで大きな事故のお祓いをしてるかと思えば
…。

梅雨時期の練習は気をつけねば。
特に降り始めはね。


おまけ
2014-06-12-17-26-05

これ、風呂が辛いですね。






















今日の練習【マリアローザと回復走】

広島対策練のダメージがデカい。
今日は一日ゆっくりしようと思っていたのですが、イギリスからおニューのジャージが届きました。
前回Sサイズを購入したものの、小さすぎて着ることができず、買い直したものです。
2014-06-09-14-55-06

当然のことながら着てみると誰かに見てもらいたくなります。
回復走と称してそそくさと走りに行きました。
府道110号線の福井新橋から豊能町までの10kmTTコースを心拍160以上165以下のゆっくりしたペースで走り、その後は清阪峠から亀岡市に入り、423号線を使って高山を越えて箕面に帰ってきました。
全行程70km弱をゆるい負荷で走り切りました。
ダンシングが必要な坂では、足の裏と背筋を意識しながら、本来使うべき筋肉の神経系トレーニングになるよう努めました。

新しいジャージはsantini製でかなりタイトフィットです。
santini製は大きめと聞いていましたが、
逆に日本製よりワンサイズ小さい感じかもしれません。特に袖口はこれまでのタイプと違い、ゴムのような密着感のある袖口になってるので余計小さく感じます。
走ってる間は気になりませんが、着用する際、少し着にくいです。
骨太筋肉質タイプの方はワンサイズ大きくてもいいかもしれません。
マリアローザのピンク色は少々勇気がいる色ですが緑深い日本の景色によく映えます。
2014-06-09-17-14-16

最近、自分撮りの腕が上がって躍動感溢れる写真が撮れるようになりました。
おまけで載せておこう。
2014-06-09-15-58-06







今日の練習【広島対策練】

ツールド熊野が終わってから休もうと思ってましたが、金土以外がっつり乗ってました。
「体重を落とさねば!」との一心で。
西日本ロードと言われるレースは広島空港を取り巻く、森林公園内の周回路を走ります。
コースは半分下って半分登るだけのコース。
1周約12キロを5周回なので、実に30キロは登りというエキサイトでサバイバルなコースレイアウトです。
コースと季節柄、スタミナの確保は必至ですが過去の経験から体重は軽いほうが有利になります。
いい成績を残すためにも、広島までの3週間の間に68kgの体重をせめて3キロは落とそうと密かに燃えています。
ちなみに会社にいけば最低4つ食べる菓子パンのうち2つ辞めました。

さて、そんな感じで過ごしてきた1週間の週末。
これまたガッツリと乗りました。
広島対策練と称すからには登りも下りも広島に似たコースを走らなければなりません。
能勢の山奥で1周20kmの周回コースを3周回。もちろんチーム員5人でレースペースで走りました。
2014-06-08-09-42-33

かやの里と逢坂峠を結ぶループでかやの里の登り始め以外はキツイ斜度ではないのですが2回目、3回目となると脚が重たくてなりません。
しかしチーム練で仲間がいるので脚を抜くわけにはいきません。
2014-06-08-22-12-27

最初から最後まで気合いを入れて挑みました。
心拍の推移から全く脚を抜いてないのがわかります。
内容から見えてくるのは、やはり後半に上げていけてないというところです。
また高強度の一定負荷であるがゆえ、アタックにも反応しづらい事が練習内でも判明しています。
これらの課題を克服すべく、残りの2週間頑張っていきたいと思います。

今日はよく頑張ったのでご褒美にシュウマイと天ぷら盛合せとビールをいただきました(^^)
暑かった事と汗を大量にかいた事で、
ビールを4本も飲んでしまいました。

練習ではたいがい我慢が利くのですが、自転車降りると弱いです。
まずはココからですね…。






ツールド熊野 外伝(総括!)

3日間の長いようで短いレースが無事終わった。
このレースで良い走りができるように
練習やコンディションを高めてきた。
この積み上げてきたものを遺憾無く発揮するために、自身を支えてきたものがある。
ひとつ。
レース前のつけ麺。(しかも味噌ダレ)
2014-06-02-19-47-55

レース中に空腹感を感じてしまっては
モチベーションもダダ下がり。
燃費が悪すぎる自分は食べ過ぎるということはないので、とにかく食べる。
スタート間近でも・・・。


ひとつ。
師範のマッサージ。
2014-06-01-09-23-02

酷使した筋肉に点在するコリはここぞという時にパワーの伝達を阻害する。
熟練の技と強烈なパワーで除去する。
指先から何か違うエネルギーさえ感じる。人生大変な事もありますが僕のコリがお役に立てるならば、僕も痛みに耐えます。

ひとつ。
レース後の宴。
2014-05-30-18-16-29

嬉しい時も残念な時もとりあえず。
夜のこのひと時はレースと同じぐらい重要な位置づけです。
2014-06-02-19-48-35

燃料はアルコール!と言うくらい腹に詰め込みます。

ひとつ。
水と混ぜて使う粉末CCD
2014-05-31-09-38-37

来たるべき日まで温めておいた伝家の宝刀。昔からレース中はほとんど水ばかりで、ここぞ!という時の秘密兵器扱い。
賞味期限が9年前。
9年の時を経て、ここぞという時が来ました。

ひとつ。
ここぞという日が連発なので
惜しみなく宝刀を抜きます!
2014-06-01-08-57-25

連日の疲れ、容赦ない日差し。
外にいるだけでも体力の消耗は避けられない。
仲間から「あの古いCCDはヤバイやろ?」と口を揃えて言うので、少し新しいヤツを用意しました。
賞味期限2007年。

ひとつ。
熱い志しをもった仲間。
2014-05-30-11-22-14

昔は一人で転戦してました。
レース後、色々語れるのはイイですなぁ T^T
喜びも苦しみも分かち合える仲間がいるというのは走りを支える大切なファクターです。

そして最後に。
そんな熱い志しを持った仲間達を縁の下から支えてくれるサポーター達。
2014-05-31-18-37-54

人は支えられる事でひと回りもふた回りも大きくなれます。
よろけた時、何かを見失いそうな時、仲間とサポーターがいる事でまたこの立ち位置にかえってくる事ができます。
プロに負けないサポーター達です。プロと違うところは、決して勝利だけを求めているチームではない。というトコ。

だからこそ、「入賞しましたよ!」という言葉を少しでも多く届けたいと思うのは僕だけではないはずです。

また広島に向けて頑張ります。


下の「Web拍手」を押して頂く事も個人的には十分なサポートと感じます(^^;;








ギャラリー
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日もロングのソロ練【難波~猪名川~茨木街道】
  • 今日もロングのソロ練【難波~猪名川~茨木街道】
  • 今日もロングのソロ練【難波~猪名川~茨木街道】
  • 病み上がりのソロ練【難波~猪名川~広野~茨木街道】