40代の自転車競技

44歳。おやじ。事故死を免れ、再び輪界への挑戦。

2014年01月

サンマルコ コンコール・スプリント

画像1

「小さっ!」
はじめて手にした時の印象です。
10年以上乗り継いできたセラサンマルコのエラプロから乗り換えです。
白いエラ、USポスタルモデルのエラプロ、エラプロレーシングと最後のやつは
廃盤に備えてストックしていたモノです。
それだけ尻に合っていたサドルなんですが
微妙に合わない感じがしてきてたので
ちょっと冒険してみました。
若い時は微妙な違和感も包括できる懐の深さみたいなヤツもあったのですが、おっさんになる神経質になるものですね。
長距離乗ると尻が痛くなり、座ってるのが辛くなります。昔は大丈夫だったのですが。
歳と共に尻の形も変わったのかもしれません。

そこでチョイスしたのが同じメーカーのコンコールシリーズ。
もう10年以上前になりますが、はじめてロードバイクに乗った時のサドルはコンコールライトでした。黄色いコッピに合わせた黄色いコンコールライト。
2、3年使ってましたが、低いサドル高を少しでも高く見せるため、発売間もない薄型のエラサドルを即買でした。
コンコールはその時以来となります。
知り合いがコンコールを使っていたので
跨らせてもらったところ、ペダリング時に内腿に干渉せず、しかも尻への食い付きがいい。
「次買うならこのサドルかもな…」と思っていました。

で、なぜコンコールスプリントなのか。

ネットで間違えて買ってしまったのです。
かなりショックです。
自転車に取り付けてもなにかアンバランスです。
ごついシートピラーのやぐらに乗ってる小さいサドル。カッコ悪いです。
画像1

「乗ってたら見えへん部分だし、まぁええか。」となかば諦め気分で乗り出してみましたが、意外にも感触は良好。
昔のコンコールライトを彷彿させる反り返った形状が尻を安定させる!
画像1

100キロほど走ってみましたが痛くならないです。
その100キロの中身は長い峠や平坦、トラックに入り付いての高速カーペーサーなど色んなシチュエーションが含まれていましたが総じて安定したペダリングが出来ました。というのも形状がワンポジション固定だから、尻の前後移動に伴うペダル踏み位置の変動がないからです。
ただし、それ以上の距離になるとどうか。
疲れてきて少し前乗りしたくなっても出来ないのでその辺りはその距離を乗り込んでみる必要があります。
ちなみにE3、E2レベルの短い距離のレースであれば全く問題ないでしょうね。

今冬の課題の一つである体幹を鍛えるためにはこういったポジション固定のサドルでほうが疲労に伴うごまかしペダリングが出来ないため、目的を達成しやすいかもしれません。

長距離も乗り込んでみて差し支えないようであれば、今冬はこの間違えて買ったサドルで高出力を保ち続けれる脚を作って行きたいと思います。
最後は大きさ比較。
画像1

大きさがこんなに違うから
自転車に取り付けた時の印象も大きく変わるわけです( ;´Д`)











今日の練習

今日は公休日。
朝からガッツリと走りに
行きたいとこですが
日頃の仕事疲れもあるんで
「少しゆっくり寝たい」という
欲望に負けてしまいます。
だからゆっくり寝れるかと
いうとそうでもないです。
休日は嫁からの指令で
掃除、洗濯をはじめ雑多な事が
あるので結局いつもより30分ぐらい
遅起きで朝が始まります。
さっさと済ませて昼前に出ます。
今日は箕面から勝尾寺、423号線、
堀越峠、逢阪峠、宿野から府道54号で
瑠璃渓へ。国道372号に出てから
亀岡に。
画像1

この時期いつもは強い向かい風が
吹いてるのですが今日は追風でした。
この区間で補給食を。
画像1

今日の練習も強過ぎず、弱過ぎずの
ペースで出来るだけ止まる事なく
100km走ります。
いわゆるLSDというやつです。
ただ峠などは最後まで心拍80%以下には
落とさないよう少し頑張ります。
無酸素領域に入らないよう適度に
コントロールします。
LSD改といったところでしょうか。

亀岡からは423号線で法貴峠を越えて
豊能町まで。そして高山を超えて
箕面に帰着。
最後の高山に登るところで
あろう事かハンガーノックに。
補給食を持ってなかったので
残り15キロくらいはもう頑張らずに
ダラダラと帰ってきました。
自販機で糖分の高い飲み物を!という
手段もありましたが
出発前に財布への補給も忘れてました。
なんとか無事に帰り着く事ができました。
走行100キロ 3時間35分
画像1

今日は新しいサドル、
サンマルコのコンコールスプリントを
新装したので次回はインプレを。


今日の練習(箕面練プラス)

画像1

地元、箕面の朝練。
意外にも新年初参加。
最近冷え込みが激しく、そのせいかどうかはわかりませんが参加者少なかったです。
写真は第2ステージのゴール地点。
マイナス1℃です(-。-;
半袖なのは走り始めると暑くてならんから。闘志にも火が着きますから(^^;;
夏はダメダメです。
暫くはベース作りの為、ゆっくり走ろうと
思っていたのですが集団走行になると
おのずとペースが上がります。
結局箕面練は終始心拍上げっぱなしでした。
ゴールの高山で解散してからは423号線、
逸れて堀越峠を越え、亀岡・湯の花温泉を経由して再び423号線で高山越えで箕面まで。亀岡は深い霧に覆われていました。
画像1

今日のコースは撮影以外止まる事がないコースで内容も上げ過ぎず下げ過ぎず目的通り、よい練習ができました。
暖かくなったらキツめのインターバルの練習ができるよう、今日のように暫くは毛細血管増殖の練習をしていきます。
75km 2時間40分
画像1


BULLET ULTRA アニバーサリーモデル

今更感がありますが
バレットのカンパ80周年モデルを買いました。
東欧で見つけた掘り出し物。
「いいんですか?」と確認したくらい安価でした。
g
あまり馴染みのない国からの購入だったので
どんな感じで届くのか心配でしたが
流行の海外通販サイトで買うより
しっかりした箱で送られてきました。
b
 なぜ80周年モデルだったかというと
現行BULLETのステッカーが
どうしても好きになれなかったから。
BORAのクリンチャー版というと
誇大解釈しすぎかもしれませんが
位置付けはそんな感じでしょう。
にも関わらず見た目の差が大きすぎます。
とても国内定価¥200,000のものとは
思えません。
そこで見つけたアニバーサリー。
いいじゃないですか。
アニバーサリーのマークが若干うるさいですが。
マーク以外は真っ黒のようですが
反射の加減でCAMAGNOLOのロゴが浮き出ます。
a
スポーク組、アルミハブやCULTベアリングなど、
基本的な機能・構造は現行BULLETとほぼ同じで
違いはカーボンリム部の処理方法ぐらいです。
現行がテカテカした表面なのに対して
アニバは塗装を施してないのでマットな感じになっています。
もちろん重量もフロント731g、リア897gと
公称数値より若干重いですけど現行と同じです。
重量比較
ホイールバックはアニバらしく特別仕様となっています。
f
これまでエアロホイールはMAVICのコスミックカーボンしか
使ったことないのでどんな乗り心地なのか
楽しみです。
ただ知り合いのBORA TWOを一度
試し乗りさせてもらった時、
滑るような走行感と軽い回転に衝撃を受けました。
このBULLETも同じレベルなら11Tのギアを
投入する予定です。
BORA TWOは特別過ぎますが
回転の心臓部は同じCULTを採用してますので
期待満載です。
乗り心地踏み心地はまた改めて・・・。

徹夜明けの六甲山縦走

画像1

徹夜でホテルの給湯設備大改修を
こなした本日の仕事明け。
眠気と疲れでおとなしく帰ろうと
思いましたが、帰り間際に
「明日は雨ですよ…」の声。
走り貯めしなくては…。

有馬街道・小部峠から六甲森林公園へ。
そこから宝塚まで六甲山縦走。
シーズン中ならガンガン行きますが
ベース作りと称して、インナー多用で
ゆっくりめで行きます。
ただしシッティング縛りで。
どんなに辛くても、どんなに
立ち漕ぎしたくても
シッティングで走り通す。
体幹を鍛える事で力強いペダリング力を
つけるのが目的。
ゆっくり走る時もなにか課題を。
しかし身体がだいぶ衰えるてるのか
ゆっくりペースのくせに
かなり疲れました。
ブレのない正しい姿勢でのライディングは
それだけでしんどいものでした。
画像2

えっちらおっちらと
六甲最高峰地点まで来ましたが
ここから宝塚までは山の北側を走るので
かなり寒かったです。
積雪こそありませんでしたが
頬をきる風は痛いくらいでした。
今時期は表六甲ドライブウェーを
下るほうが賢明かもしれません。
今日は60km走りました。
疲れていても意外と走れるもんですね。



ギャラリー
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日もロングのソロ練【難波~猪名川~茨木街道】
  • 今日もロングのソロ練【難波~猪名川~茨木街道】
  • 今日もロングのソロ練【難波~猪名川~茨木街道】
  • 病み上がりのソロ練【難波~猪名川~広野~茨木街道】