少し遠く感じる群馬の記憶・・・。

さて少し遠く感じる群馬県前橋市。
しかしコースは街の中心をグルグルまわる前橋市役所周回コース。
気持ちはツールドフランス。
一度だけでも街のど真ん中を走っておきたい。
そんな気持ちもあった。
なお前橋クリテの出場にはランク順位の選別があった。
うまい具合にランクインしていたので出場する事ができた。

師範には大変申し訳ないが、贅沢な希望を叶えるべく初日から同行してもらった。
ご恩に報いるべくしっかりと群馬まで運転手を務めた。
夕方出発して着くのは夜中。かなり遠い。
DSC_0592 (2)
宿のお母さんは夜中まで待ってくれていた。
あいさつ後、師範と二人でお疲れさん会。
まぁ、宴会レベルにはせず晩酌程度に・・・・。

そしてしっかり寝入り、早朝から朝ごはん。
DSC_0594 (2)
レースのスタートはゆっくり目だったので朝ごはんもゆっくりたっぷり頂く。

お昼前に会場入りし、周回をぐるりと回ってみる。
DSC_0598 (2)
街のど真ん中を完全閉鎖した立派なコース!
DSC_0597 (2)
選手達が走ってる姿はとても絵になりツールばりとなるんだろう。
DSC_0603 (2)
準備を施し、レースに挑む。
今回は体調が悪くないのでしっかり走り込みたかったが
舞洲の落車三昧が頭によぎったので少々怖い感じもあった。
しかし出場する選手は選別された上位の選手ばかりだったので
走り方が非常にエレガンス!
DSC_0610 (2)
コーナーで焦った追い抜きなど一切ない。
コース上に2か所Uターンする場所もあるがこちらも危険度がない。
コーナーがすべてスムーズに高速でクリアされていく。
舞洲のアレはなんだったんだろうか。そんな気がわいて仕方がない。
1506148782129 (2)2
美しいレースの流れに時折前に飛び出すこともしてみた。
周回数は6周だったので持ってる力をどこでいつ爆発させるか。
それを考えながら周回をこなした。
しかしそのタイミングを・・・・。

間違えた。

最終周を迷いながら走りながら「あと1周あるな」と都合の良い解釈をしてしまった。
そしてあれよあれよとゴールライン。
結果は30位。もったいなくて、情けない。
レース中の平均心拍は184bpm/分で飛び出した3周目のみ190bpmを越える走り。
負荷的には朝練の第3ステージより軽い感じ・・・。
普段感じる事のない不快感が全開だった。
サポートしてくれた師範はもっと感じたものだったと思う。
大変申し訳なかった。

その後、反省しながら明日の事を考えて席を開けた。
DSC_0607 (2)
赤城山をが、がんばらねば・・・。

おしまい