今日は公休日。
嫌いな登りや、TT速走りを目指せるいい考えはないかと・・・。
これまでの師範の話やネットでの検索などにより、
もっとハムストリングをダイナミックに使わなくては!という事で
クリートの位置変更をダイナミックにしてみた。
これまでのシューズ側のクリート取付位置。
DSC_0379 (2)
今まで以上にクリートを土踏まず寄りにしようと取付位置を引き下げた。
DSC_0380 (2)
これにより今まで以上に引き下げる事が出来るようになった。
通常であればココまでいじくる人は少ないかと思う。
外国の有名な選手も土踏まず寄りにしていた話もあったことだし、
自分も同じ効果を得れるかもしれないと今回も思い切ったセッティングにしてみた。

これまで経験からクリート位置を変えるとシート高もいじらないとダメという事も分かっているので
クリート位置に合わせて、シート高を10mm下げてみた。
クリートを土踏まず寄りにすると足首が固定され気味になり、いわゆるアンクリングが出来ないので
問題なくスムーズにペダルが回せるようシートを下げたわけ。

そんな状態で勝尾寺を登ってみた。
アップもなく走り始めからいきなり勝尾寺を攻めたので
クリート変更に伴う利点があったのかどうかは分からない。
タイムは12分19秒。
これは前回23日の勝尾寺と同じタイム。
これまでのタイムを更新する内容ではなかったが、これまで以上のトルクを感じた。
足首の固定がアルファベットでいうところのL字状態で固定されているので
力の抜けようがなかったのかと思う。
またシートも下げたので、言うなればスクワットしているような体勢で登りをこなしていた。
いつもは前腿やふくらはぎがピクリピクリとしているところ、
今回はハムと大臀筋がピクリピクリとしていた。
聞いた内容からするといいタイムを出せそうな気もするが
頂上近くでアタックするパワーがなかった・・・。
息も上がり気味だった。
根性振り絞って2本目試せばいい結果だったかもしれない・・・。
DSC_0382 (2)
一息いれてから高山を目指す。
トンネルまでゆっくり息を整えて走る。
トンネルを越えた所で一時停止し、再びタイムトライアル。
高山公民館までの2.3kmTT。
今回は野菜売り場前の坂も高トルクで踏み切る事が出来た。
しかしながら息は続かず、湧水採取場で少しオチた感じが出た。
それでも高トルクで回しながらゴールを目指す。
タイムは7分43秒だった。
ちょっとデータ不足なので速いか遅いかはわからない。
分かってる人がいたら教えてほしい。
ただ日曜朝練の時は7分台であればなんだかんだという事が記憶に残っている。
そこからすると単独で7分台(後半であったが)であれば悪くもないのかなと思う。
これは勝手な解釈であるので、今後のためにも公民館TTのタイムを
記録していかなくてはならないね。

今日は思いきったクリートセッティングでのお試しランだったが
それなり追い込んでしまったので少し休憩。
夕方ではあったが暑さは厳しいままなので汗も半端ない。
ドリングを頂こうと思ったが、財布を忘れて来てしまった・・・。
DSC_0383 (2)
なんとも情けない〆だった。

少々の間、このクリートのまま走り続けてみようかと思う。
シーズン後半も間近なのでチャレンジャーな事かもしれないが・・・。

おしまい。 走行距離 26km。