公休日。
重さが気になっていたキシリウムのタイヤを変えて山登りに。
少し古いMAVICイクシオンの23Cタイヤは8気圧でタイヤ幅24.5mmだったので
17Cに組み付けても大丈夫だろうと自己責任で組み付けてみた。
DSC_0321 (2)
もともと付いていた純正タイヤは225g、チューブは143gと少々重かった。
これを23Cに変える事で今まで感じていた重さは飛んでいった!
と思う・・・。

今日は勝尾寺までをアップがてらに走り、妙見山を目指した。
タイヤ、チューブの変更で回転に関わる重量を軽くすることができた。
平地をハイスピードで走るならば、遠心力になるので少々重くてもいいけど、
登る為のスピードなら軽ければ軽いほど良い。
だからといって勝尾寺までのアップランもベストタイムだったかというと
そうではなかった・・・。
DSC_0307 (2)
しっかり13分22秒かかってしまった。
でもメインは妙見山なので落ち込むことなく次を目指す。

金石橋で息を整えてスタート。
今日はタイヤ変更の走り心地を試すためなので
意気込んでタイム計測する走りではない。
クリートの位置、インソールの変更なども兼ねているので、
いろいろな感触を確認する意味を含めている。
スタートもインナーで登り始める。
ちなみに最近はアウターで踏む付けて登ることが難しくなってきた・・・。
踏みきれないし、踏んだとしても息がもたずヘタってしまう。

登りがつらくなってきてもホイールの重さを感じないので
これまでのように辛く感じることはない。
今日はたまたまなのかもしれないが・・・。
中間地点は12分40秒で通過。
そのまま山頂部から第2の上り口まで飛ばしていきたかったが
体力的に厳しいものがあった。
そのままイーブンペースで妙見山の頂上まで走る。
結果は20分17秒だった。
ガンガン攻め込んだわけではないが、今年一番のタイムを出すことができた。
これはきっとタイヤが軽くなったからだろうと、そう考えたい。
あとクリート位置も含まれるかな。
DSC_0319 (2)
今日の天候は曇りで、直射日光を浴びることはなかったが
非常に暑いことはいつもと変わらない。
今日はメットの中にキャップをかぶっていたが
ゴール後、キャップを握るだけで汗がしぼり出るぐらい。
DSC_0320 (2)
早く秋になってほしい。

おしまい。
走行距離 50km