泊り勤務明け。
台風接近に共に雨がひどい。
事前に分かっていながら自転車通勤ってどうなん?
いやいや金曜に履いたニューキシリウムを雨天時に試す良い機会だと
それだけを考えていた。
暴風さえなければいいや、と。

退社時に雨と風が強くなってきた。
雨は問題なかったが、風が辛い。
向かい風が辛く、横方向に煽られたりすると怖い。
コスミックカーボンよりマシではあるが・・・。

風の影響が悪いのでいつもよりゆっくりペースで池田を目指す。
池田市を抜けた辺りで雨もひどくなってきて
顔を殴りつける雨粒で前が見にくい。
いつものように伏尾から余野までTTしようと思ったが
風もキツイし、転ぶといやなので今日は止々呂美まで走って
さつき山北を登ることにした。
DSC_0245 (2)
雨天時のヒルクライムで新しいキシリウムの使い心地を確認してみた。
自分の脚質上、常に一定回転で登るわけではない。
ときおりダンシングしないと登れなくなるときもある。
なので出力が一瞬0になる時がある。
そんな状況が登頂完了するまでランダムに続く。
そういった状況であってもクランクの踏みだしに問題はなかった。
いつものようにコスミックカーボンだとその都度、ググッと踏み込む必要がある。
キシリウムだと軽く回せる。
しかし25Cのタイヤのせいか、今履いているキシリウムプロを軽量ホイールとは感じない。
天候を気にしない事を前提にヒルクライムに最適と感じたのは
やはりフルクラムのレーシングゼロだったと思う。

今日の雨降る中、登板コースは川を遡っているような感じであった。
一部分流れの酷い箇所もあり、ホイールが水没した状況の時もあった。
路面も少々滑る。ただしダンシングでググッと踏んだ時だけ。
今回はほとんどシッティングで登ったので滑りで困ったのは2、3回。
山頂部付近、勢いつけてコーナーを攻めて行くもブレーキで困る事もなかった。
さすがにエグザリットは雨天に最適かと思う。
もちろん長くてキツイ下り坂においてもブレーキの効き不足はなかった。
DSC_0248 (2)
何よりも登りの感じ。
思っていたモノとイメージが違う。
今度は23Cのタイヤを試してみたいと思う。
まぁクライマーではないので、雨の日通勤で効率よく使えればそれだけでいいのだが・・・。

おしまい。

走行距離 49km