日曜は泊り勤務明け。
160kmコースに行こうと考えたが雨が降るとの予報だったので
短めの余野回りに。
今時期は暑くてならん。
少し走るだけで汗だく、身体も熱がこもり気味で調子が悪い。
うかつな練習すると身体を壊すだけかもしれない。
出来る選手は朝の涼しいうちに練習してるんだろう。
僕は泊り勤務が基本なので早朝から練習すると夜中0時付近まで
身体が持たない。
なので早朝練はなし。
練習出来る時にするしかない。
今回の余野TTは日曜日でもあるから、最初からガンガン踏み込んでいきたいが
暑さの都合上、身体を潰さぬよう、しかし地味に負荷を入れるような走りにした。
途中でインナーも使ってしまったが・・・。
約10kmのTT、タイムは21分38秒。
抑え気味でありながらレース本番前の調整時と同じくらいのタイム。
ついつい良い気分になってしまいがちだが、世の中の選手達すべてが
好調の期間であることを忘れてはならないね。
DSC_0068 (2)
月曜は公休日。
日中は暑いので夕方から練習してみたが、やはり暑い。
今日は茨木街道TTのスタート地点としているサークルKからの約10kmTT。
スタート時の長い上りをどう攻めていくか・・・。
いや上りは得意な訳ではないので、「どう抑えていくか」が適合する言葉だろう。
上り切った後の平坦部分でタイムを稼ぎたいので、
ダンシングなど多様せず終始イーブンペースでのぼる。
序盤はいい感じで走れたが、2つ目の上り部分でタレてしまった。
やはり暑いので身体の持ちが違う。
今一度奮起し直してゴール地点を目指す。
今度は胃が痛い・・・。ゲロが出そう・・・。
そんな状況ながら約10kmのTT、18分59秒。
去年の最高タイムに近づく良いタイムだった(まだ30秒あるけど・・・)。
DSC_0071 (2)
暑くて苦しいながらも良い結果に至った要因は
美山TTで使用した古いシマノシューズだったからかも。
クリートの位置が「つま先寄り」にセッティングしてある。
普段使ってるのはクリート「ちょい深め」。
自分的につま先寄りはクランクをそれなりに回転させる時に有効。
ハムストリングス半分、ヒラメ筋をフル活用。
「ちょい深め」はハムストリングスのみを多用する。
本来、力強いペダリングを生み出すには「ちょい深め」が適正なのだが
自分的にどちらが有効なのかは現在も研究中。
こういった練習やレース本番で良い結果を出すのは「つま先寄り」。
ふくらはぎが太くなるのは初心者に多いと言われているが
僕自身、脚の筋力の使い回しは「つま先寄り」の使い方が最適だと感じる。
ハムを100%使い切るより、ハム50%、ヒラメ50%で使いきるほうが
筋力の持ちが良く、その結果パワーを余すことなく発揮すると理解しかけている。
さてさて、いつ回答がでるのやら・・・。

おしまい。

走行距離 日曜 60km 月曜 40km