公休日。
息子を病院に連れていったり、自分自身の散髪に行ったり・・・。
今日の練習は夕方から勝尾寺と五月山北の2つだけの登りを。

今日は思い切ってクリート位置を前寄りに設定。
クリートを土踏まず寄りに変更してからだいぶ慣れ、
移動させるのは良い事なのか悪い事なのか・・・。

以前どおり前寄りにしてみると、ペダルが回しやすくなった。
ただしクリート変更後全く使わなかった脹脛を多用している感がある。
漕いでる最中にも脹脛がキンキンと稼働しているのが分かる。
これも良いのか悪いのか・・・。

ただし勝尾寺は走り始めのアップであったが12分53秒といつもより速い。
五月山北は15分30秒と前日より30秒以上速くなった。
結果から考えると、前寄りが良い。
しかし長い熟成期間を考えると土踏まず寄りが良いような気もする。
ただシーズンインが近づいてるので気は焦る。
さてどうしたものか。
KIMG0520 (2)
17時40分ごろに朝練第3ステージを走行。
日暮れは遅くなったが、五月山まで来るとすっかり夜に。

今日は五月山北頂上から朝練コースには下りずに池田側に下りた。
ドライブウェイの料金所を通過してから箕面駅方向の府道9号線を走行。
まずはきつく長~い登り。
登りきったら今度は下り坂。
サーっと下っていたら、対向車線の路線バスがバス停で停車したのを確認。
するとバスの後ろに付いていたワンボックスが勢いつけて追い抜きした。
下ってる最中の自分はビックリ。
急ブレーキかけてもサクッと停まれるはずはない。
フルロックで横向きに停止(というかスリップですな)。
ボンネットまで1mもない状況だった。(何m滑っただろう)
運転手は女。
ごめんなさいみたいな素振りをしていたが、危険を感じてる様子もなかったので
運転席窓に歩みより「どこ見て運転してんやっ!危険な運転すなやっ!」と怒鳴ってやった。
もちろんこちらは明るいライトをフラッシュさせていたので直前に分かるはず。
ゆっくり目の路線バスの後ろだから追い抜きたい気持ちは分からんでもないが
車両間隔を大き目に取ったうえで、追い抜く前に対抗車の状況を確認せねばならん。
最近は浅はかなドライバーも増えている。
スマホしながら運転するやつね。
2か月前はスマホ見ながら駐車場に入った車に当たった事もあった。
平手で車の天井叩いてやったが・・・。

交通量の多い箇所や日暮れ時、車に乗った人らが多忙である時間帯ですかな、
そういう時や場所で練習中の方は重々注意して下さい(自転車であっても車であっても)。
ドライバーの自転車意識が高くなった時代ではあるけども、事故は不用意にやってくるもの。
こんな時間帯は「逢魔時(おうまがとき)」と言われるゆえんですからね。

おしまい。

走行距離 38km