今日は公休日。
公休となった者の必須である我が家の家事を一通り済ませ、練習に出る。
昨日の体調不良も続いている。
本当は寝といたほうが良さげな気もしたが、
気になるクリート位置確認の意味を含めて出掛けた。
いつものようにまずは勝尾寺。
12分49秒。
がむしゃらに踏まずしてこのタイムならいいクリート位置ではないかと思う。
しかしインナーにして軽いギアにした際はクランクの回転がしにくい。
集団練の中でも試してみたい位置ではある。

その後、妙見山の長い登りにおいても試してみようと出向いた。
昨日、練習コースの雪は溶けたと言ってたが、妙見山はガッツリ積もっていた。
KIMG0320 (2)
凍結もひどく、まっすぐ走れない状態だった。
陽の当たる部分は溶けているだろうと、諦めずに登り続けたものの
西側に入る山頂部からの下りも雪がひどかった。
KIMG0322 (2)
もう下っていくのが怖くてならん。
カーブも多いので、すべり始めて停まる事が出来なければ溝にはまる。
スノボーみたいに楽しめる余裕があればいいのだが・・・。
結局、陽のあたる部分もしっかり残ったまま。
どこまで続くのかと思いながら下っていくと
分岐点から神社までの道路は同じ状況ではなく、普通に漕いでいける路面であった。
KIMG0324 (2)
こんな状況だったのでクリートの位置確認など出来るわけでもなかった。
この後、野間方面に下って行ってみたが、そちらのほうは雪の影響はなかった。
呑気に雪は大丈夫などと言ってたが、標高の高い部分はまだまだ注意が必要ですな。

おしまい。

走行距離 48km