ホイールが・・・ホイールが・・・。
アカマツ号を踏み込んだ際にギリリッギリリッという。
今使ってるアクシウムの調子が悪いんだと思う。たぶん・・・。

なので、押入れからホイールのストックを出す。
KIMG1827 (2)
なんと、10年以上前に野村君に作ってもらったホイール。
言うなれば、ノムラボホイール〇号の原型に至るモノかも知れない。

その昔、少々遅いがスプリンターを名乗っていた自分が、
「軽いながらも頑丈な練習ホイールがほしい。」と彼に要望した。
「あまりお金がない・・・」という事を第1条件として(笑)。

僕自身、当時はスプリンターでありながら、そこそこのヒルクライムもこなしていた。
昔の実業団レース(BR-1)はシマノレーシングやアンカー、ミヤタ、キナンなど
プロのチームが混在していた。
なので、「平坦が得意!」であるとか「登りが得意!」といった単発の得意分野が
あったとしても、レースではなかなか成果を出せない状態だった。
だからプロでない自分がそのレースでついていくには、
平坦が少々速いは当然ながら、登りもソコソコ速いというのが
最低条件だったと記憶している。
つまり練習は平坦をガンガン踏んで、登りもガシガシ踏まなければならない。
シッティングでついていけないなら、ダンシングで踏み込め!みたいな。

そんな条件から、当時の野村君にこういった練習に耐えうるホイールを
作ってほしいとお願いしたわけ。
このホイールは色んな練習に使われた。
日常は50、60km、週末は150km超は当然で
平坦はエアロスポークで高速巡航可能、登りも重さを感じない重量。
そして、たまにシマノレーシングやキナン(今のマトリックス)の練習に参加して
通常の練習ではありえないほど、平坦、登りでモガキ倒したり・・・。
そういった自転車の振りやねじりの多い使用状況でありながら、
ホイールが激しくフレたり、スポークが飛ぶ事も一切なかった。
こんなハードな使用状況で耐えれるなら、それなりに堅くて重くなりがちと
思いきや、フロントは781gとべらぼうに重いわけではなかった。
周りが傷むどころか、先にハブのベアリングを入れ替えなければならないような
状態だった。あとはリムフラップぐらいか。
今思い出しても、すごい考案のモノだったと思う。

現在、同じような強度を確保したまま、もっと軽量となったノムラボホイールが
世間を賑わし、「待ち」の長さにも世間は騒いでる。
当時から彼が考察した器材一式や彼の能力がさらにグレードアップしたものだろう。
当然、そういったノブラボ5号も手元にあるのだが、カンパ仕様で今は使えない。
(シマノ用に入れ替えてくれーぃ!!)
もったいないと思いながらも、その昔のホイールでも今は十分威力を発揮している。
転がりは軽く、六甲での激坂でダンシングで踏み込んでもホイールがヨレる事はない。
逆に自分の身体がヨレている・・・。
さぁ早く自分を強くしておくれっ!
きっと何でも希望を叶えてくれるんだろう、色んな事においても・・・・(ひみつ♡)。
KIMG1865 (2)
久々に出したホイールで思い出話なんかしてしまった・・・。

おしまい。