退院してから9日走った。
しめて430km。
いっぱしの自転車乗りからすれば、たいした距離でもないが
ろくろく走れもしない自分からすれば、よく頑張ったのではないかと。

決めた回復目標を目指すため、定番となりつつあるコースを順走。
特に東別院~西別院を重視。
最後は少々キツイながらも、全走路緩斜面に伴うコースである事が
重視する内容である。
奮闘する時間が10分である事が、Team SKYの行ってるトレーニング内容に
重なる部分があるので、そこを回復練のポイントとしている。
本来であれば高負荷のうえ3回行わないと駄目だけど、まだまだ無理なんで・・・。

今日はチーム朝練に合流。
M氏の快適すぎる箕面朝練スピードにヒーヒー言いながら着いて行く。
高山では疲労感でゲンナリしていたら、「退院後にしてはよく出来てる」と
お褒め頂く。すこし元気と練習続行意識が沸いてきた。
育児に際して、たいがい怒り気味の自分であるが
こんな経験すると、「子供らに怒ってばかりおらず、
少し褒めるトコ見つけながら切磋してやらんとなぁ」と実感する。

さて、その後は豊能町のコンビニで唯一楽しい朝のコーヒータイムで
新しくチーム員になるであろうT氏と面接談義。
まぁ自他共に問題なく活動可能かどうかを確認するだけですがね。
彼の過去と現在の実績は素晴らしく、性格や心構えも優秀な方で、
いい人が仲間になるんだなぁと、美味いであろうコーヒーを飲めない身体に
なっていながら、楽しいひとときを過ごせた。

その後、その彼を交えて練習再開に。
強い練習続行意識のもとに・・・(笑)
KIMG0730 (2)
彼は年中、スポーツを実施している為、冬間近に関わらず、パワフルな走りをする。
前回の師匠と行ったサブハードランとは雰囲気が違う。
いつも以上に気合を入れなくてはならない。
まぁ入れたところで何ができるわけでもないが・・・。

そして、自分の定番コースのひとつである徳園寺から樫田の5km練へ。
前回、師匠と実施した内容と違うくらいの踏ん張り倒しで
自分の目標タイムである11分を30秒も短くした。

うれしいような、かなしいような・・・。

なぜなら、記録したタイムは次回も出せるはずだから
それを目標に変えるべきであろう・・・・。
併走者との雰囲気により、出せたタイムであるが、
設定変更するには若干早すぎるような気する。
先日、チームSBのN監督曰く、急かしすぎで血管破れないようにしないと・・・。
KIMG0731 (2)
現時点、コンスタントに走ることで、基礎走力や踏脚力を
付けて行くのは大切な事ではある。
しかし時折、人と走ることで自分自身の限度を越えていく事は
自分の能力を上げていく基準となるという事
を再認識しなくてはならない。
そして大切なのは、努力次第で追いつくてあろうを距離を
追いかけ続けれる仲間である事だろう。
置いてけぼりになるとあきらめちゃうからね。