金曜日にリハビリのひとつとして、勝尾寺まで外乗りをした。
事故する前のシーズン中は11分台で登ることもあったが
今となっては半端ない心拍数を要する。
高心拍をカバーするために脚に依存したいが、脚もついていかない・・・。
しかし、外走りにおいて安全性や身体的な危険もないことから
外走りも懸命に実施することが可能となった。

今日、病院内の自転車に強いリハビリ担当者N氏が同行する事により、
前回より長い距離と高負荷によって、練習もといリハビリを行った。
彩都タウンを通り抜け、ユニバーサル園芸社の交差点へ到着。
そこからフワフワ倉庫経由し、豊能町境の看板まで頑張る。
走り慣れた場所だったところも恐ろしいキツさを感じてやまない。
事故以前は心拍170前後で走っていたが、一気に180を越える。
金曜と同じように脚力で補おうとするが速度が挙げれない。
もちろん軽いギア。
そのくせ心拍175。しんどくてならん。
リハビリ担当者に力を抑えてもらう始末・・・。
下ったところの豊能町ファミマでお休みを願う。
休まないと無理!
KIMG0610
普通の病院で室内リハビリだけ実施し、実施した内容を
褒め称えられ、気を良くしながら退院したら、
現実の厳しさに衝撃を受けることに間違いはない。

入院した病院は非常に患者に対して環境がよく、
このような屋外練、もとい屋外リハビリが認められている。
僕の望むべきものを目指すべく、担当の方たちは尽力してくれる。
もうすぐ退院となる。
可能な限り、身体作りに専念していきたいと思う。
あ、もちろん脳も・・・

そして少し休んだ末、帰りルートの選択を聞かれた。
高山公民館経由か、清坂経由か。
もう厳しい坂はごめんだと清坂経由を選んだ。
しかし個人的に銭原を通るものと勘違いしていたため、逆にエキサイトな内容に・・・。
西別院までダイナミックに。
茨木街道をスピーディーに。
清坂登りもアグレッシブに。
少しは勝たねば!?と思いながら、西別院まで頑張るも
それ以降は遅れる始末・・・。
KIMG0611
練習相手、じゃなくてリハビリ担当者N氏はきっちりと見定めたうえで
低速に・・・。
清坂峠を越えた後は忍頂寺の交差点から泉原へ。
最後は彩都を経由し、病院へ帰所。
事故してから3か月半ぶりの47キロ走行だった。
きっちり2時間の練習、もといリハビリを終了した。
正味の実走時間は1時間45分なので
負荷的には決して緩いわけでない。
退院間近の自分にしてはよく頑張れたかもしれない。
KIMG0614
この後、1時間ほど寝込んでしまった・・・。
疲れてしまったんだろうな。

しかし、夕方からはランニングのリハビリが・・・!

本当に素晴らしい病院である!!!