入院、転院を続けて、間もなく2か月。
病院の方に聞いたところ
脳の完全復活は3か月以降回復期に入るという事で
未だ脳は混乱状態ではある。
しかしながらチーム関係者の方々もよく来て頂き、
いろんな会話をさせて頂くことで脳にも大きな刺激を与え、
回復へテンションを上げてもらっている感じだ。

先日はチーム関係の方々と一緒に新世界隊長が来られた。
飲食リーダーっぽいが元選手であり、現在もパワーは健在であり
ピストバイクの匠でもある。
そして復活の際には「ホルモンをっ!」という神の言葉を頂いた。
これは急いで復活を遂げねばっ!という気持ちでいっぱいだ。
FB_IMG_1442816146805

さて・・・
病棟にはエアロバイクがあり、早朝に乗り続けて10日になる。
4、5日後には乗ることにも慣れ、負荷を上げる事も可能となった。
それ以降は120ワット、100回転、50分を継続している。
2日前に130ワットに上げたが、少々心拍に負担があったため
125ワットとしている。
KIMG0389

しかしエアロバイクのポジションはサドル高が取れないものであり、
寝そべりながら乗るリカンベントさながらである。
回転負荷をあげるには脚の筋肉の問題もあるが
ポジション的なものも大きく感じる。

ちなみに、エアロバイクに乗っている最大の個人理由は
心拍の低回転を復帰を心掛けたものであるが
実際のところ、病人が復帰するためのメニューは何なのか?
正直わからないままに開始し、選手になるべき負荷で開始したのが
実際の話である。
KIMG0387

先日、チーム員であり、サイクルショップBLASTさんのスタッフでもある
S林氏がお見舞いに来られた。
負荷に対する疑問を思索してもらうために院内で実走して頂いた。
「おわ、きぃつぅ!」
本人はそう語った。
もっと低負荷でもいいのではないかと言う話ではあったが
なんとか乗れるようになったので、
当面この125ワット、100回転で心拍、脚部の復活にして行きたいと思う。

あくまで選手能力の強化ではなく、復活に向けて・・・。

※脳回復に向け、言語力、作文力の復活を心掛けています。