僕は施設のメンテナンスを生業としている。
電気工事、配管工事、危険物施設、ガス設備、冷凍機械、ボイラー設備に消防設備。ありとあらゆる資格を保有している。
一つの工務店を営業できるだけのスキルは保有している。
いわゆるメンテのプロである。
ただ俗に言う甲斐性無しなので、経営者になれるかどうかは別問題。
人生、ポジションはいつも2番手。
もちろん家庭でも2番手T_T
嫁強し‼︎

前置きが長くなりました。

問題。これなぁーんだ?
2014-08-20-23-09-49





答え。レコードのRDのプーリー。

元の形の見る影もない…。
芸術的な肉抜き加工も形無しだ。

掃除をしてやると…
2014-08-20-23-11-20

プーリーと同じ厚さの油カスがゴソリ…ゴソリと。

同僚でありチームメイトであるM川氏にペダリング時の異音について相談したところ、接触する部分を徹底的に調べてみようとRDに手をかけたところ…

「いや、これ調査以前の話でしょう⁈洗ったのいつですか?」

「2年前に新調してから一度も…」

ガッツリたしなめられました。


「ちゃんとやりましょう」

最近、厳しくも僕の好きな言葉である。

長く生きてると、人生や仕事において、ルーチンな事は手を抜きがちになる事もある。それに気付かない事も出て来たり…。
悪いのは気付きながらスルーしてる事。

機械や設備は正直なもんで手を抜くと途端に不具合を起こす。

仕事でプロを語る以上、プライベートでもそれに準じた対応を心掛けたいものである。

何事も、いい結果は質の高い日々の積み重ねの上に成り立つ。


追伸
長く寄り添う嫁さんにも手厚く質の高いメンテを施すことはいい人生の結果をもたらす事は言うまでもない。