画像1

箱からサソリがワンサカと…!
3月の頭からCRCという海外通販屋で
冬物セール?をやってたので
無理してアレコレ買いました。
特にカステリは大セール中で半額になっていました。しかもウェアについては「さらに10%オフ」。
6割引き以上でした。
まぁ元々定価がありえないくらい高い商品なので値引きされた値段でも一思案です。
悩みに悩んで購入したジャケットが思った以上に秀逸だったので紹介を。
画像1

Espresso Due Jacketという商品です。
カステリには似たような製品がたくさんあり、製品毎の違いも微妙で迷ってしまいますが、1にカラーを含めたデザイン、2に価格、3に防風性の順で選びました。
デザインは基本どれもあか抜けています。
値段はやはり生地によります。3は自分自身暑がりなので保温性は除外しました。乗り始めは辛いですが、走ってる間は身体は暑いですからね。走行中にチャックを開けてる事を考えたら保温性は必要最低限でOK。
そして通販でもっとも難しいのはサイズ選び。幸いにもウィンドブレーカーが同じカステリ製のものを使っていたので同じサイズをセレクトしました。
定価4万いくらもする買い物に試着もせず購入するなど博打要素タップリで正直怖かったですが、万が一ミスった場合でも「カステリなら誰か買い取ってくれるはずだ」と何の根拠もない自信が右クリックを後押ししました。
ちなみに僕は身長169cm、胸囲89cm、ウエスト75cmでパールイズミだとMサイズを愛用していますがカステリだとSサイズで丁度良いです。大当たりでした。
ただタイトフィットなのでピチピチが苦手な人は合わないかもしれません。
画像1

若干袖が長いようですがライディングポジションをとると許容範囲内の感じがします。
画像1

生地はWINDSTOPPERがメイン素材となっていますが画像で見る印象よりかなりソフトで軽い感じです。これは真冬には厳しいかも?と思いましたが防風性能が素晴らしく、走行中に風の冷たさを感じません。
つい先日の寒の戻りの際に着用して走ってみましたが問題無しです。
また先にも述べましたが走行中は暑くなります。
しかし両脇腹のところにチャックが付いており、全開すると風が入ってきます。
入ってくるという事は排気口も設けてあるという事です。
画像1

ちゃんと考えてあります。
タイトフィットである以上、理屈的に背中からは抜けていきませんが、熱の篭りやすい背中に排気口を設けている事は熱処理に大変効果的であるのは間違いありません。
また袖口にも素晴らしいギミックが。
画像1

以外と腕も汗ばんでくる部位です。
簡単に腕まくりできる素材と作りというわけではないので、そこをこういうアイデアで解消するなんて老舗ならではだと思います。
開口部は理にかなってます。
画像1

そして最後は、
何の機能も果たしてないですが、どやっ?と言わんばかりのカステリマーク。
画像1

サソリ好きにはたまらないですね。
機能性は言うにおよばず、洗濯して干してる時にすら己の所有欲を満たせてくれる、さすがはカステリです。
高いけど購入して良かったです。
寒くても走りに行こかと思えるありがたいジャージです。