40代の自転車競技

44歳。おやじ。事故死を免れ、再び輪界への挑戦。

アカマツ号+DURA9100【組み上げ完了】

再塗装に出していたアカマツ号が帰ってきた。
KIMG0739 (2)
出したときの跡形は一切なく、新フレームを購入したかのよう。
フロントフォークのアンカー部分も加工されており、
これまで出ていた不具合も改善。
少し凹んでいた部分も綺麗に処理されており、ほんとにピッカピカ。
ドグマと合わせて愛着のある一台なのでうれしい限り。

届いたフレームは新しいDURA-ACE 9100番で組み上げた。
DSC06979
パーツは普段世話になっているノムラボで仕入れ、経費削減の為に自分で組み上げ。
お値段勉強してもらった挙句、自分で組み上げなんて客としてなら残念な客かもしれない。
いやいや、ノムラボは日々多忙なうえ負担を軽減されたと思ってくれたら有難い。
それはないか・・・

新しいデュラエースは組み上げた後のセッティングが非常に楽になった。
しかし組み上げの手順がネットでなかなか見つからず、
結局YOUTUBEで韓国のショップが行ったであろう組み上げ手順を
参考とさせてもらった。
ただ組み上げ手順未発見は自分の検索する能力が低いだけなのかもしれないが・・・・。

これまでのセッティングはシビアな調整が必要だったが
9100はサクサクッと調整出来る。
便利になった部分はあるが気になる部分もある。

リアディレイラーはマウンテンバイク用と良く似ており、
ホイール交換する際、今までのようにサクサクッと出来ない。
プーリーとカセット部分が干渉するのでプリーゲージのサポートがいる。
KIMG0917 (2)

リアディレイラーの変速ワイヤーが内側に出てくるようになったので少し気になる。
KIMG0915 (2)
まぁワイヤーエンドを付けた後、折り曲げておく必要があるようだ。
ワイヤーの使いまわしは出来ない事ですな。

新しいクランク、真っ黒で少し安っぽい感じがする・・・。
KIMG0918 (2)
9000番のほうがDURA-ACE!っぽい。

個人的に「なんだかなぁ」の部分はあるが大きな進化を遂げたコンポだと思う。
カセットも11-30Tを入れるにしてもロングゲージである必要もない。
僕的には使う機会はないけど・・・。
STIの変速タッチも9000より軽くなったらしい。
特にフロント変速はすこぶる良いらしい。
通勤で使う分、インナー変速する必要はないので現時点実感はないけど・・・。

これからは練習でもドンドン乗り込んでいくので、良い部分はこれから実感していくのだろう。
練習におけるひとつの楽しみでもあるかな。

おしまい。

岬クリテリウム【その他】

岬クリテリウムは初めてのコース。
とくかくだだっ広い。
長ーい緩斜面の登り、おなじように長ーく下る。
斜度自体1%なのでレースがハイスピードで展開しても大丈夫だろうと思いきや、
周をこなすほどジワリジワリと筋肉疲労が・・・。
岬町も大きな開発が進んでるんだなと実感。
ちなみにココのコースから下っていったところに谷川の交番がある。
そこは僕自身が生まれ育った場所。
父は警察官だったので生まれたばかり僕は駐在所で幼稚園の年少まで育った。
当時、このような場所はまったくなかったので懐かしいなんて事は思わないが
会場から下っていくと町の景色や古い建物、風景を懐かしく感じる。
駐在所の裏庭でしつけのため親に帯紐で縛られた事、谷川橋の下(橋桁)で溺れて
幼稚園の友人に助けられた事、へんな記憶に残っている(笑)
DSC06983
そんな変に懐かしいレース会場にチームサポーターが応援に来てくれた。
もちろんビールとお手製のお昼(酒のあてのような気も(笑)・・・)を持って。
17361776_948696991932206_2447426480012219036_n
レースを終えた自分はありがたくビールをいただき、おにぎりや唐揚げなども戴く。
これから走るチーム員には大変申し訳ないが、一足早く自分にご褒美などを。

ただ飲んで寝そべっている訳でもなく、チーム員が走る時にはカメラを抱えて
撮影に回る。
高台に登ったり、バックストレートに行こうとして怒られたりしながら、
あちこち走り回ってナイスな写真を撮る事を狙う。
IMG_4520

IMG_4532
しかしながら結構な数を撮ったにも関わらず、使える写真はわずかなモノ。
苦労の割に残念な話だ。
IMG_4510
ちなみにカメラはキャノンのデジタル一眼レフカメラの初代盤。
もう20年近く昔のモノかな。
今のカメラだと失敗する事も少ないのかもしれない。

撮影でうろうろしてるとお世話になった人達とも出会う。
リハビリ病院に転院してからお世話になったNKT氏。
今年からTEAM all outは 実業団登録する事になり、初戦に参加。
落車に巻き込まれる寸前まで行ったり大変だったと思うが懲りず頑張ってほしい。
彼はヒルクライムが恐ろしく速いのでヒルクライムでガンガン活躍してほしい。
同じ舞台に立ったらお手柔らかに・・・。
DSC06991
その他、事故った時に担ぎ込まれた病院でお世話になった病院関係者である
ネクストリームのG氏からもご挨拶頂いた。
自転車関連のイベントで色んな繋がりが出来たりする。

自分自身、撮影完了後、完走した選手で飲酒できないM氏やE氏に
おいしいコーヒーなど御馳走しようとバーナーを用意したが
肝心のコーヒーを持ってくるのを忘れた・・・。
DSC06992
激しいレースをしたり、撮影に走り回ったり、雑談にふけたりして
とても楽しいレース日だったと思う。

次は舞洲。
また楽しい1日になる事を期待したい。
その前にちゃんと練習しなければならないが・・・。

おしまい。

2017 JBCF 岬クリテリウム【E2 10位】

3月16日の岬クリテリウム(E2 10位)
事故から復帰して初めての実業団レース。
退院して1年と4か月、積み上げた練習はどうであるか。
そしてレース上での活発な集団走行、激しい集団での勝負争いに
問題なく交わる事ができるか。
今回は順位争いではなく、体力的な面と合わせて
精神的な面を確かめることを主観としていたので
無事に良い位置で完走できれば良しとする内容だった。
IMG_4492
集団走行に交わるためには、問題なくそれについて行く為の体力をつけておく事が前提。
レースは通常のソロ練以上のペース維持が必要となり、それなりしんどい部分もあったが
ひとまずついていけるだけの能力はあった。
ただしE2であればの話。
E1になった場合はさらに負荷の強い練習をしていかないと、すぐ千切れてしまうのかもしれない。

ゼーハーゼーハーしながら、ついていく位置を替えたりしながら
いろいろな選手に紛れてコーナーを繰り返してく事も問題はなかった。
久々の激しいシチュエーションの中、頭がテンパる事もなく
冷静な状況判断が出来ていたと思う。
コーナーリングは各個人のセンス的な問題もあるので下手すると
コーナーリング中の選手に巻き込まれてしまう危険もあるので
直前の動きを把握しながら判断・反応を極める事ができるかが重要なポイントであった。

贅沢ながら勝負する力的なものはどうかという事に関しては
最終周の時に最後尾から上がっていく事をし、ゴール前の直線でどこまで行けるかを実践した。
残念ながら最終コーナーは先頭ではなく、中盤域から上がって行くこととなる。
勝負は残り500メートルから始まると考えてる。
順位争いは左寄りの先頭グループで始まる。
500mを切った時点で激しい位置争いが始まっている。
もちろん力及ばずな選手や尽き果てた選手もたくさん出てくる。
自分としては混雑している中を縫いあがるような事はせず、
スカスカの右側から単独で上がっていく。
目の前は完全クリアで絶対安全な状況ではありながら
風の抵抗をまともに受けるので、上がっていくのは少々キツイ感じもした。
そこからのデータ的な内容は
 残 500m 速度 45km/h 心拍 191bpm ケイデンス 101rpm
 残 400m  速度 51km/h 心拍 192bpm ケイデンス 140rpm
 残 300m 速度 52km/h 心拍 193bpm ケイデンス 143rpm
  残 200m 速度 54km/h 心拍 195bpm ケイデンス 141rpm
  残 100m 速度 55km/h 心拍 197bpm ケイデンス 134rpm
内容を見るとこれまでの練習で見る事のなかった心拍数やケイデンスが出ている。
今後、もっと心拍を上げる練習ができる事、重いギアを回せなくなってきたものの
速い回転で補うことができている事がわかった。
そして単独で10位まで上がることができるならば、
ゴール争いで集団に紛れることができれば、もう少し良い順位になれるのかもしれない。
いやいやシーズン始めだからみんなのコンディションが低いままなのかもしれない・・・。
まぁとにかく様子見であったものの良いレースだったと思う。

また舞洲も頑張ろう。

おしまい。
ギャラリー
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日は休息【召集かかるのむラボへ・・・】
  • 今日もロングのソロ練【難波~猪名川~茨木街道】
  • 今日もロングのソロ練【難波~猪名川~茨木街道】
  • 今日もロングのソロ練【難波~猪名川~茨木街道】
  • 病み上がりのソロ練【難波~猪名川~広野~茨木街道】